最近の記事

2015年11月24日

井上陽水の【傘がない】の替え歌 (雪が降ったときの)【靴がない】

 (雪が降ったときの)【靴がない】

都会では、雪が降る日があるよねえ。
今年も一週間くらい雪が降る。
だけども会社には履いていく靴がない

行かなくちゃ 会社に出に行かなくちゃ
雪の道を歩かなきゃ 足がぬれ
つめたいい雪が靴の中まで浸みる
ころばないこと以外は 考えられなくなる。
それはあることかな?

会社ではわが社の売上の問題を
社長が深刻な顔をしてしゃべってる
だけども問題は今日の雪 靴がない。

行かなくちゃ 会社に出に行かなくちゃ
遠い会社に行かなくちゃ 雪にぬれ
つめたいい雪が靴の中まで浸みる
ころばないこと以外は 考えられなくなる。
それはあることかな?

行かなくちゃ 会社に出て行かなくちゃ
遠い会社に行かなくちゃ 雪にぬれ

行かなくちゃ 会社に出て行かなくちゃ
雪の道を歩かなきゃ 足がぬれ

行かなくちゃ 会社に出て行かなくちゃ
雪の中を歩きゃなきゃ 靴がない

https://readyfor.jp/projects/veriga-urbanstep-gripstep

会社の総務の皆様!
都会の従業員の方に雪が降ったときの対策
何かされていますか?

どの靴にも着けられるスパイクを社員のために
準備されてはいかがでしょうか?

MとLの2種類で全てカバーできますので、
会社に常備するか、従業員の方に1個支給するか
されることをお勧めします。
https://readyfor.jp/projects/veriga-urbanstep-gripstep

特に利益を出されている会社は福利厚生費で
経費に落ち、従業員の方にも喜ばれますよ。
posted by Mark at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

メンタルコントロール


◆All About「ココ一番に強くなる、メンタルトレーニング」
http://allabout.co.jp/gm/gc/297206/

◆gooヘルスケア「“幸せ”は待っていてもやってこない」
http://health.goo.ne.jp/column/mentalcare/m002/0161.html

◆日経新聞「スマートフォン、こんな『アプリ』でストレス解消」
http://www.nikkei.com/life/living/article/g=96958A90889DE0E6E2E6E6E3E2E2E0E7E2E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E3;p=9694E3E6E2E4E0E2E3E2E4EAE1EA
posted by Mark at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ストレス症状を有する者に対する面接指導等に関する研修事業」のご案内   初めて取り組むメンタルヘルス対策 〜検討されている法改正の前に基本をマスターしよう!〜

 http://www.mentalhealth2011.jp

 メンタルヘルス対策に初めて取り組む方、基礎をもう一度確認したい方、知識がなく学びた
いけれど時間がない方等を対象に、基本事項に絞って、実務を短時間で要点をわかりやすく事
例を交えて解説する内容です。皆様奮ってご参加ください。

【日 時】11月14日(月) 13:30〜17:00
【場 所】神戸東急イン 2Fボールルーム
【参加費】無料
【問合先】メンタルヘルス対策セミナー事務局((株)JTBコミュニケーションズ内)
TEL:050-3032-3250 FAX:03-5434-8694 E-mail:stress09@jtbcom.co.jp
担当者:高木、大倉、三田

posted by Mark at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

メンタルヘルス・マネジメント検定試験 受験対策講座」   〜学習ポイントをわかりやすく解説/問題演習も〜

  http://r26.smp.ne.jp/u/No/183054/d7IpHiH7ci0D_103395/0828_mental.html

====================================================■□■

大阪商工会議所では、職場で働くすべての方々に、職場での役割に
応じて必要なメンタルヘルス対策に関する知識・技術・態度を習得
していただくため、「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」を
実施しています。

11月6日(日)に実施される第11回公開試験に向けて、下記の
通り『受験対策講座』を開催しますので、ぜひご参加下さい。

問題の演習を交えながら要点をわかりやすく解説します。受験対策
だけでなく、体系的にメンタルヘルス対策を学ぶ絶好の機会です。


(1)1種(マスターコース)受験対策講座

◆日 時: 平成23年8月28日(日)・9月4日(日)・11日(日)・17日(土) <全4日>
      いずれも、9:30〜16:30
      (4日間の中から、日を選択して受講することができます。) 

◆場 所: 大阪商工会議所 会議室(大阪市中央区本町橋2−8)
  http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html

◆講 師: 高橋 修氏(高崎商科大学短期大学部 現代ビジネス学科 准教授)、
      松本 桂樹 氏(株式会社ジャパンEAPシステムズ EAP事業本部長)

◆定 員: 120名(定員に達し次第、受付を終了いたします)

◆受講料:
《4日間受講》
  各地商工会議所の会員企業にお勤めの方・学生 38,000円 / 一般の方 50,000円
《1日につき》
  各地商工会議所の会員企業にお勤めの方・学生 9,800円 / 一般の方 12,800円

◆使用テキスト:
 「メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト1種(マスターコース)」(定価:4,410円)
 を使用します。各自ご準備下さい。受講料にテキスト代は含まれません。

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/183054/d7IpHiH7ci0D_103395/0828_mental.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)2種(ラインケアコース)受験対策講座

◆日 時: 平成23年9月18日(日) 9:30〜16:30

◆場 所: マイドーム大阪 会議室(大阪市中央区本町橋2−5)
  http://www.mydome.jp/access/

◆講 師: 高橋 修 氏(高崎商科大学短期大学部 現代ビジネス学科 准教授)

◆定 員: 100名(定員に達し次第、受付を終了いたします)

◆受講料:
各地商工会議所の会員企業にお勤めの方・学生 9,500円 / 一般の方 12,500円

◆使用テキスト:
 「メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト2種(ラインケアコース)」(定価:2,940円)
 を使用します。各自ご準備下さい。受講料にテキスト代は含まれません。

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/183054/d7IpHiH7ci0D_103395/0828_mental.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 人材開発部 検定担当
 TEL:06-6944-6430 FAX:06-6944-6330

※なお、上記の講座の他、東京、名古屋等でも受験対策講座を開催します。
 各地の講座の詳細は下記HPをご覧ください。
  http://www.mental-health.ne.jp/seminar.html

posted by Mark at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

 <「メンタルヘルス対策」から「職場活性化対策」へ>   「第3回 メンタルヘルス対策シンポジウム」   〜社員がイキイキと働ける職場づくりとは〜


 http://r26.smp.ne.jp/u/No/179059/94VU1FH7ci0D_103395/0722_mental.html

====================================================■□■
 
昨今、企業におけるメンタルヘルス対策として、一次予防(未然防止)
が叫ばれています。しかしながら取り組みの実態としては、二次予防
(早期発見・早期解決)、三次予防(再発防止)に留まっている事例が
数多く見られます。また取り組みの効果についても、例えば労務行政
研究所の調査結果において、「取り組み効果はわからない」および
「効果的ではない」との回答が7割を超えるなど、企業における様々な
施策が有機的に結びついていない現状が浮かび上がっています。

そこで本シンポジウムでは、まず基調講演として、西川昌邦 氏をお招きし、
日本マイクロソフト株式会社における入社時からの一貫した取り組みに
ついて御講話いただきます。

次にパネルディスカッションでは、第一線の専門家・実務家をお招きし、
具体的な取り組み事例などを紹介しながら、単に不調者を減らすため
だけの取り組みではなく、職場活性化を目的とした取り組みを考えます。


◆日 時: 平成23年7月22日(金) 13:30〜16:30

◆場 所: 大阪産業創造館 イベントホール(大阪市中央区本町1−4−5)
 http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

◆プログラム:
 【第1部】体系的なメンタルヘルス対策の取り組み方
  ・新入社員・若手社員に対する対応策
・効果的なラインケアとは
・休職・復職者に対する対応策

【第2部】職場を活性化させるメンタルヘルス対策とは
・企業における取り組み方針の重要性
・メンタルヘルス対策に取り組む際の注意点
  ・メンタルヘルス対策の効果をどう捉えるか
    
◆パネリスト:
  ・西川 昌邦 氏(日本マイクロソフト株式会社 シニアマネージャー)
 ・高橋 修 氏(高崎商科大学 准教授)
 ・野口 大 氏(天野法律事務所 弁護士)
 ・吉田 敬弘 氏(株式会社オージス総研 人事部)

◆コーディネータ: 松本 桂樹 氏(株式会社ジャパンEAPシステムズ 精神保健福祉士)

◆定 員: 200名

◆参加費: 会員企業 2,000円 / 特商・一般 4,000円

◆受講票: 登録されたFAX番号に、後日受講票をお送りします。

◆お申込み、シンポジウム内容の詳細は下記HPをご覧ください。
http://r26.smp.ne.jp/u/No/179059/94VU1FH7ci0D_103395/0722_mental.html

◆ご注意:
本シンポジウムでは、士業、コンサルタント業、セミナー業、
 個人の方の御参加は、お断りする場合がございますので、予めご了承下さい。

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経営情報センター
 TEL:06-6944-6353 FAX:06-6946-7214

posted by Mark at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

gooヘルスケア「メンタルヘルス」

◆gooヘルスケア「メンタルヘルス」
心が健康になるヒントを紹介しています。
http://health.goo.ne.jp/column/mentalcare/

◆All About「メンタルヘルス」
心の健康に関する様々なコンテンツを紹介。
http://allabout.co.jp/r_health/gt/1840/

◆gooヘルスケア「『力を入れて、抜く』でストレスリセット」
ストレスで固まった体をほぐすストレッチを紹介。
http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f002/0075.html

posted by Mark at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

第2回予防医学セミナー「こころの疲れと癒し」開催のご案内

◎理化学研究所で脳科学がご専門の片岡先生より「こころの疲れと
癒し」についてお話いただきます。
また「メグリズム」の開発者、花王株式会社の土屋秀一様より
「働く現代女性の『冷え』と『動かない疲れ』」について
ヒューマンヘルスケアの立場から予防についてお話いただく、
盛り沢山の内容になっています。
入居企業の株式会社ビオスタより開発と研究を重ねて販売まで
いきついたAlfeito化粧水と、株式会社インクリース研究所より
機能性素材で世界から注目されている「ケルセチン」を使った
「ケルセアクリアソープ」も紹介します。
信頼あるアレルギーや医療の立場から開発された化粧品の可能性。
是非皆様でご参加ください。
スタッフ一同お待ちしております。

【日 時】3月23日(水) 13:00〜15:30
【場 所】神戸臨床研究情報センター(TRI) 第一研修室
【問合せ】神戸健康産業開発センターIM室(坂本)
TEL:078-304-6227  FAX:078-304-6890

※詳細・申込は下記ホームページをご覧下さい。
 http://www.ibri-kobe.org/event/pdf/2011/hi-dec.seminar.pdf


posted by Mark at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

「メンタルヘルス研修導入実践講座」  〜メンタルヘルス対策の第1歩は 『管理職』を対象とした研修から〜


 http://r26.smp.ne.jp/u/No/159207/65prCbH7ci0D_103395/0218_mental.html

====================================================■□■

従業員のメンタルヘルス問題は、近年企業の規模にかかわらず発生する
大きな問題となっています。しかし実際に対策を講じているのは大企業が
中心であり、まだまだ中小企業では十分に取り組めていない状況にあります。

その理由として、厚生労働省によると「専門のスタッフがいない」「取り組み
方がわからない」ことが大きな要因であるとしています。また取り組みをして
いない企業の50%以上が「今後は取り組んでいきたい」と回答しています。
そこで本講座では、大企業を中心に実施されている管理職向けの「ラインケア
研修」を中心に、「セルフケア研修」や「ハラスメント研修」を体験していた
だきます。

「今後メンタルへルス対策に取り組んでいきたい」「他社でどのような研修を
しているのか知りたい」とお考えの人事・労務担当の方は是非この機会に講座の
受講をご検討ください。


◆日 時: 平成23年2月18日(金)14:00〜16:30

◆場 所: 大阪産業創造館(大阪市中央区本町1−4−5)
 http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

◆プログラム:

 第1部:「ラインケア研修」
(1)メンタルヘルス不調って、何?
   ・ストレス発生のメカニズム
   ・職場におけるストレス要因とは
   ・うつ病の傾向と特徴
   ・ストレスチェック(職業性ストレス簡易調査票)の体験【ワーク】
(2)なぜメンタルヘルス対策に取り組む必要があるの?
   ・労働行政施策の視点から
   ・裁判事例の視点から
(3)では、どのようにして取り組むの?
   ・メンタルヘルス対策の3つのステップ
   ・管理職に求められる役割とは
   ・メンタルヘルス不調の早期発見のポイント
   ・コミュニケーション不全を防ぐ

 第2部:「セルフケア研修」「ハラスメント研修」のポイント
(1)ストレス発散方法の振り返り【ワーク】
(2)コミュニケーション不全度チェックの体験【ワーク】


◆定 員: 40名
  (企業内グループでのお申し込みも受け付けいたします。)

◆参加費: 会員企業 4,000円 / 特商・一般 8,000円      

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
http://r26.smp.ne.jp/u/No/159207/65prCbH7ci0D_103395/0218_mental.html

◆その他: 同業・コンサルティング業の場合、御参加をお断りする場合がございます。
  予めご了承願います。

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経営情報センター
 TEL:06-6944-6199 FAX:06-6946-7214



posted by Mark at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

 「メンタルヘルス対策シンポジウム」    〜健康診断時に求められる『ストレス調査』の実務は?〜


 http://r26.smp.ne.jp/u/No/157436/AB3qBgH7ci0D_103395/0201_mental.html

====================================================■□■

9月に厚生労働省が発表した「職場におけるメンタルヘルス対策検討会報告書」
において、定期健康診断時における従業員への「ストレス調査」の義務化が検討
課題としてあがっています。この提言を基礎に現在、厚生労働省の分科会や検討会
において、今後の企業におけるメンタルヘルス対策について議論がなされています。

そこで大阪商工会議所では、「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」の委員
である大阪ガス株式会社の岡田邦夫氏をお招きし、現在厚生労働省が考えている
2012年から定期健康診断の概要そしてその課題について「最新情報」をご紹介
いたします。

またこのような労働行政施策の流れの中、企業が今後どのようにメンタルヘルス
対策について取り組んでいかなければならないのか、新制度の有効活用の観点から、
第一線の専門家をお招きし、具体的な取り組み事例などを紹介しながら、
これからの動向について考えます。


◆日 時: 平成23年2月1日(火) 13:30〜16:30

◆場 所: 大阪産業創造館 イベントホール(大阪市中央区本町1−4−5) 
 http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

◆プログラム:
 
 ○第1部:
【基調講演】新制度のポイントと課題
   ・新制度の概要
・新制度の課題
・今後企業に求められる対応

○第2部:
【パネルディスカッション】新制度を上手く活用するためには
  ・ストレス調査の上手い活用事例
・企業における人的・金銭的・時間的負担について
    
◆講 師: 
岡田 邦夫 氏(大阪ガス株式会社 統括産業医)
 松本 桂樹 氏(株式会社ジャパンEAPシステムズ 精神保健福祉士)
西川 昌邦 氏(マイクロソフト株式会社 人事本部シニアマネージャー)

◆定 員: 200名

◆参加費: 会員企業 2,000円 / 特商・一般 4,000円   

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/157436/AB3qBgH7ci0D_103395/0201_mental.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経営情報センター
 TEL:06-6944-6199 FAX:06-6946-7214

posted by Mark at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

2010−12 アクセスランキング

合計 205 477
1./index.rdf  22.6% 50 108
2./pages/user/m/article  18.9% 71 90
3.トップページ  18.4% 57 88
4./pages/user/m/index  5.2% 23 25
5.LSDなどの幻覚剤は心理療法との組み合わ…  4.6% 11 22
6.「メンタルヘルス対策シンポジウム」 …  3.8% 11 18
7./pages/user/m/comments/regist/input  3.4% 15 16
8./pages/user/m/tb/regist/input  3.4% 14 16
9.メンタルヘルス研修導入実践講座」 …  1.9% 9 9
10.平成22年の月別の自殺者数について(1…  1.7% 8 8
11.自殺が増えるのはテレビのせい!?  1.7% 8 8
12.自殺・うつ病等対策プロジェクトチームと…  1.7% 8 8
13./index20.rdf  1.3% 4 6
14./archives/201012-1.html  1.0% 4 5
15.平成22年の月別の自殺者数について(9…  1.0% 5 5
16./pages/user/m/archives  0.8% 4 4
17.2010-7 アクセスランキング  0.6% 3 3
18./category/5165437-1.html  0.6% 2 3
19./archives/20101208.html  0.6% 2 3
20./category/5416671-1.html  0.4%
posted by Mark at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

自殺が増えるのはテレビのせい!?

カリスマ精神科医・和田秀樹氏がメルマガ限定で送る、現代サバイバル術”
●和田秀樹のこころも体も元気になるマガジン“ウツになっても生き延びろ!”
http://www.mag2.com/m/0001187911.html

posted by Mark at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自殺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

メンタルヘルス研修導入実践講座」   〜メンタルヘルス対策の第1歩は 『管理職』を対象とした研修から〜

http://r26.smp.ne.jp/u/No/154331/j6KF7hH7ci0D_103395/0218_mental.html

====================================================■□■

従業員のメンタルヘルス問題は、近年企業の規模にかかわらず発生する
大きな問題となっています。しかし実際に対策を講じているのは大企業が
中心であり、まだまだ中小企業では十分に取り組めていない状況にあります。

その理由として、厚生労働省によると「専門のスタッフがいない」「取り組み
方がわからない」ことが大きな要因であるとしています。また取り組みをして
いない企業の50%以上が「今後は取り組んでいきたい」と回答しています。
そこで本講座では、大企業を中心に実施されている管理職向けの「ラインケア
研修」を中心に、「セルフケア研修」や「ハラスメント研修」を体験していた
だきます。

「今後メンタルへルス対策に取り組んでいきたい」「他社でどのような研修を
しているのか知りたい」とお考えの人事・労務担当の方は、是非この機会に講座
の受講をご検討ください。


◆日 時: 平成23年2月18日(金)14:00〜16:30

◆場 所: 大阪産業創造館(大阪市中央区本町1−4−5)
 http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

◆プログラム:

 第1部:「ラインケア研修」
(1)メンタルヘルス不調って、何?
   ・ストレス発生のメカニズム
   ・職場におけるストレス要因とは
   ・うつ病の傾向と特徴
   ・ストレスチェック(職業性ストレス簡易調査票)の体験【ワーク】
(2)なぜメンタルヘルス対策に取り組む必要があるの?
   ・労働行政施策の視点から
   ・裁判事例の視点から
(3)では、どのようにして取り組むの?
   ・メンタルヘルス対策の3つのステップ
   ・管理職に求められる役割とは
   ・メンタルヘルス不調の早期発見のポイント
   ・コミュニケーション不全を防ぐ

 第2部:「セルフケア研修」「ハラスメント研修」のポイント
(1)ストレス発散方法の振り返り【ワーク】
(2)コミュニケーション不全度チェックの体験【ワーク】


◆定 員: 40名
  ※企業内グループでのお申し込みも受け付けいたします。

◆参加費: 会員企業 4,000円 / 特商・一般 8,000円     

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
http://r26.smp.ne.jp/u/No/154331/j6KF7hH7ci0D_103395/0218_mental.html

※同業・コンサルティング業の場合、御参加をお断りする場合がございます。
 予めご了承願います。

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経営情報センター
 TEL:06-6944-6199 FAX:06-6946-7214

posted by Mark at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「メンタルヘルス対策シンポジウム」   〜健康診断時に求められる『ストレス調査』の実務は?〜


http://r26.smp.ne.jp/u/No/153351/hiPOAdH7ci0D_103395/0201_mental.html

====================================================■□■

9月に厚生労働省が発表した「職場におけるメンタルヘルス対策検討会報告書」
において、定期健康診断時における従業員への「ストレス調査」の義務化が検討
課題としてあがっています。
この提言を基礎に現在、厚生労働省の分科会や検討会において、今後の企業に
おけるメンタルヘルス対策について議論がなされています。

そこで、大阪商工会議所では、「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」の
委員である大阪ガス株式会社の岡田邦夫氏をお招きし、現在厚生労働省が考えて
いる2012年から定期健康診断の概要そしてその課題について、「最新情報」
をご紹介いたします。

また、このような労働行政施策の流れの中、企業が今後どのようにメンタル
ヘルス対策について取り組んでいかなければならないのか、新制度の有効活用の
観点から、第一線の専門家をお招きし、具体的な取り組み事例などを紹介しながら、
これからの動向について考えます。


◆日 時: 平成23年2月1日(火) 13:30〜16:30

◆場 所: 大阪産業創造館 イベントホール
     (大阪市中央区本町1−4−5) 
 http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

◆プログラム:
 
 ○第1部:
【基調講演】新制度のポイントと課題
   ・新制度の概要
・新制度の課題
・今後企業に求められる対応

○第2部:
【パネルディスカッション】新制度を上手く活用するためには
  ・ストレス調査の上手い活用事例
・企業における人的・金銭的・時間的負担について
    
◆講 師: 
岡田 邦夫 氏(大阪ガス株式会社 統括産業医)
 松本 桂樹 氏(株式会社ジャパンEAPシステムズ 精神保健福祉士)
西川 昌邦 氏(マイクロソフト株式会社 人事本部シニアマネージャー)

◆定 員: 200名

◆参加費: 会員企業 2,000円 / 特商・一般 4,000円
 
◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/153351/hiPOAdH7ci0D_103395/0201_mental.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経営情報センター
 TEL:06-6944-6199 FAX:06-6946-7214


posted by Mark at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。